Sponsored Link

「SENDAI光のページェント」に向け、電球の取りつけ作業(宮城14/11/21)

yt-1855-「SENDAI光のページェント」に向け、電球の取りつけ作業宮城141121

12月12日から始まる「SENDAI光のページェント」に向けて、ケヤキ並木に電球を取りつける作業が、20日夜から始まった。 20日は、午後10時ごろから、作業員30人余りが出て、LED(発光ダイオード)電球のついたケーブルを定禅寺通のケヤキ並木に取りつけた。 作業は、11月29日まで行われ、2013年と同じおよそ60万個の電球が、160本のケヤキに取りつけられる。 点灯時間は、午後5時半から午後11時までで、大みそかは、午後12時までライトアップされる。 2014年の「SENDAI光のページェント」は、12月12日からの開催で、期間中の人出は、260万人と予想されている。

「SENDAI光のページェント」に向け、ケヤキに電球取りつけ(宮城14/11/21)

yt-1859-「SENDAI光のページェント」に向け、ケヤキに電球取りつけ宮城141121

12月12日から始まる「SENDAI光のページェント」に向けて、20日の夜からケヤキ並木に電球を取りつける作業が始まった。 20日は午後10時ごろから、作業員30人余りが、LED電球のついたケーブルを定禅寺通のケヤキ並木に取りつけていった。 電球の数は2013年と同じ、およそ60万個で、11月29日までに、定禅寺通りのケヤキ160本に取りつけられる。 点灯時間は、午後5時半から11時までで、大みそかは12時までライトアップされる。 SENDAI光のページェントの清野正彦実行委員長は「温かみを感じる色の中で、喜びとか感動を味わってもらいたい、そんなメッセージを込めて開催したいと思っております」と話した。 2014年の「SENDAI光のページェント」は、期間が1週間短縮され、12月12日から開催される。

SENDAI光のページェント、12月12日に開幕へ 60万球のLEDが点灯(宮城14/11/07)

yt-1863-SENDAI光のページェント、12月12日に開幕へ 60万球のLEDが点灯宮城141107

2014年の「SENDAI光のページェント」は、12月12日に開幕し、2014年も2013年と同じ、60万球のLEDで行うことになった。 「2014SENDAI光のページェント」実行委員会の清野正彦実行委員長は「ことしで29回目になりますけれども、本当に仙台の冬の風物詩として、親しまれています。笑顔があふれるような、そんな空間にしたいと思っています」と話した。 2014年の光のページェントは、12月12日から大みそかまでの20日間の日程で行われ、定禅寺通のケヤキ160本に、およそ60万球のLEDがともされる。 点灯時間は、午後5時半から午後11時まで。 光のページェントは、2010年から開幕日を第1金曜日としていたが、2014年は警備費用の高騰や、ケヤキの落葉が進まず、華やかさに欠けるなどの理由で、スタートを遅らせた。 実行委員会は、開催期間中、260万人の観客動員を見込んでいる。

Sponsored Link